shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

盛岡手づくり村、お客さんに聞き取り

盛岡手づくり村に通っている間、ちょくちょくお客さんに聞き取りをしていました。

それはお客さんが考える「手作りの良さ」について。

なぜこの聞き取りをやったかというと、お客さんと職人の手作りに対する認識の差異を確かめるため。

お客さんから声をもらうと嬉しい、という職人の声は、大館、盛岡の職人さんと聞き取りをしても共通して挙げられています。
お客さんが望んでいるもの、職人が心がけているものがマッチすることが理想です。
そこで、盛岡手づくり村の工房の「手作り」という共通項に対して、お客さんの声を探ろうと思ったわけです。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/30 01:53 ] 南部鉄器 盛岡手づくり村 | TB(0) | CM(0)

第三セクター盛岡手づくり村

第三セクターとは。
日本においては、国または地方公共団体(第一セクター)が民間企業(第二セクター)と共同出資によって設立した法人を指すことが多い。その場合、多くは設立が比較的容易でその運営方式も自由な株式会社の形態を採る。半官半民の中間的な形態が、第三の方式という意味である
wikipediaから引用

要するに官民共同の法人。
地場産業の振興という公益目的に民間の力を活かそう!と、伝統産業がらみの第三セクターは全国に数多くあります。しかし、蓋を空けてみればガラガラな大きな駐車場、客も来ない、やたら従業員が多い、ずさんな経営手法、・・・財政破綻が続出している悩みどころ。

盛岡手づくり村はその中でも健闘しており、年間50万人ほどの来場者、手作りものが好きな人には評判の良い施設です。
働く人も活き活きとし、年に数回開かれる催事には多くの観光客で賑わいます。


しかし、良いところばかりではありません。
当然様々な問題を抱えていますが、その中でも深刻なのが・・・

[タグ未指定]
[ 2010/10/22 02:33 ] 南部鉄器 盛岡手づくり村 | TB(0) | CM(0)

手づくり村の職人さんたち

コンポ 1 (0;00;00;16)コンポ 1 (0;00;02;10)
コンポ 1 (0;00;07;00)コンポ 1 (0;00;05;02)
左上「虎山」前田知行さん、右上「薫山」佐々木和夫さん、左下「藤枝工房」藤枝由男さん、右下「田中鉉工房」田中二三男さん


盛岡手づくり村の南部鉄器の職人さん方を見ていると、なんだか活き活きしているような気がします。

前田さんは釣り、佐々木さんはボーリング、由男さんは写真、田中さんはキノコ採り、趣味も多彩です。


もしお客さんの望む商品が自分のところに無い場合は、他の工房の商品を紹介したり、お互いにぷらっと工房に顔を出したり、他の伝統産業の工房には見られない光景が見受けられます。

[タグ未指定]
[ 2010/10/20 00:51 ] 南部鉄器 盛岡手づくり村 | TB(0) | CM(0)

盛岡手づくり村について

DSC_3905.jpg
DSC_3914.jpg

いまいる「盛岡手づくり村」について、詳しい情報を記載します。


御所湖を臨むところに立地している「盛岡手づくり村」は、近くに民間最大規模の牧場である小岩井牧場、美肌の湯として有名なつなぎ温泉があり、盛岡の観光ルートとして多くの観光客が足を運びます。

[タグ未指定]
[ 2010/10/18 02:18 ] 南部鉄器 盛岡手づくり村 | TB(0) | CM(0)

盛岡手作り村

コンポ 1 (0;00;03;05) のコピー
コンポ 1 (0;00;00;00)_12 のコピー

南部鉄器をつくっている工房の様子。

でもこれ、工房の中に入って見ているのではなく、

コンポ 1 (0;00;13;10) のコピー
こうして、観光客が窓越しに見学できるようになっているのです。

窓を開ければつくっている人と話しながら見学も出来ます。

[タグ未指定]
[ 2010/10/09 12:02 ] 南部鉄器 盛岡手づくり村 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。