shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日樽、日景社長に聞きました。

コンポ 1 (0.00.16.21)
「日樽」工場見学の後、日景社長に秋田杉桶樽についていろいろお聞きしました。
以下、話の要約です。言葉、口調などは少し変えてあります。

コンポ 1 (0.00.09.17)
Q:そもそもこの酒樽が何に使われているのかいまいちわからないのですが・・・。
A:基本的にお酒の香り付け。よく目にするシーンですと、祭りや祝い事の鏡開きのアレです。丁度香りがついた頃に、蓋を割って開けるんです。(ちゃんと鏡開きにも意味があったのですね。)4、5日のうちに飲まないと香りが着きすぎてしまいます。
しかもこの酒樽、側板に接着剤を使っていないのです。酒のアルコール分で接着剤が溶け出す恐れがあるためです。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/06/03 16:38 ] 秋田杉桶樽 | TB(0) | CM(0)

秋田杉桶樽メーカー「日樽」さんに行ってきました。

nittaru01.jpg
遅くなりましたが、27日は「日樽」に訪問しました。
曲げわっぱのではないですが、秋田杉の桶、樽をつくってらっしゃる会社で、たまたま大館観光物産プラザで社長とお会いして訪問させていただくこととなりました。
この日は地元の中学生が見学に来ていたので、それに混じって工場を見させていただきました。

[タグ未指定]
[ 2010/06/03 16:35 ] 秋田杉桶樽 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。