shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伝統工芸士、佐々木さんに聞きました。part1

sasakisan01.jpg
24日は大館曲げわっぱの伝統工芸士にして現代の名工、佐々木悌治さんに、ご自身のこと、曲げわっぱのことをお聞きしました!
すぐに更新したかったんですけど、どうもインタビューをまとめるのは時間がかかってしまって・・・。

「磨ぎ上手は仕事上手。職人は道具も自分で磨ぐんですよ。だから仕事のできる人は磨ぐのも上手なんです。
下手な道具だと時間もかかるし、仕上がりも綺麗にできないからね。」
今もご自身で手入れをされる佐々木さん。鉋を磨ぎながら僕のインタビューに付き合ってくださいました涙

part1は佐々木さんの現在に至るまでを、時代の流れとともにお聞きした内容です。
(以下インタビューの内容です。)

Shoji:それではよろしくおねがいします。今日お聞きしたいのは、まず佐々木さんご自身の今に至るまでのこと、次に曲げわっぱの材料となる木のこと、大館が産地として活気がある由縁を中心にお聞きしたいと思います。
佐々木さん:はい。
Shoji:ではまず、佐々木さんの今に至るまでのことをお聞きします。佐々木さんはこの仕事をされるようになって何年目になりますか?
佐々木さん:曲げわっぱやるようになってからは、45、6年になるかな?
Shoji:前は家具のお仕事をされていたそうですね。
佐々木さん:そう。家具をやってましたね。
Shoji:家具から曲げわっぱに移られたきっかけは何だったのでしょうか?
佐々木さん:うーん、やっぱり私も2、3年自分でやってたんだけど、そのころ全国的に既成の家具が出てきて、組織立った大きな工場で作ったのには、価格的にもかなわないし、これから大変だろうなと思っていたところに、大館工芸社(現曲げわっぱメーカー)で職人を欲しがっているという話を聞いて、まず声かけてみたんですよ。
Shoji:ではその頃は、木の仕事はやられていたそうですが、木を曲げたりということはされてなかったのですか?
佐々木さん:ないです。大館工芸社もそのころは曲げわっぱつくってなかったんですよ。
Shoji:そうなんですか!
佐々木さん:えぇ、私が大館工芸社に入ったのは昭和36年。
Shoji:その頃は大館工芸社は木工・・・
佐々木さん:木工の会社でしたが、民芸的な物を作っていました。木工ですから、技術が役に立つし、機械に詳しい人を欲しがっていたから、それで入ったんです。
Shoji:その当時は曲げわっぱをつくってなかったそうですが、誰かから教えてもらっていたのですか?
佐々木さん:いえ、曲げわっぱをつくるようになったのは、それから4、5年経った後で、それまでは販売はしていたんですが、作るのは下請けさんに作らせて、問屋みたいな形で取り扱っていました。ですから曲げわっぱについてはある程度の下地があったわけで、でも自社ではまだ作っていなくて、別の仕事も結構忙しかったし。だけども、下請けさんだけでは生産が追いつかなくなって、注文も多かったから。それで自社でも作りたいなと思って、そういうことから
始まったんですよ。
Shoji:なるほど。そのころはプラスチックのものはなかった?

[タグ未指定]
[ 2010/05/28 13:13 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(0)

なまではげて笑

秋田駅につきました。
改札を出ると竿燈が出迎えてくれます。なかなか大きくて迫力があります。
P1040098.jpg

言わずと知れたなまはげさんたちです。
いつも悪い子を叱ってくださりお疲れさまです。
P1040104.jpg
なまはげの語源は、「なま」とは囲炉裏にあたり続けてできる「なもみ」という低温火傷のことで、囲炉裏にあたり続けている怠け者になもみを剥いで戒めることから「なまはげ」だそうです。
けっして生に禿げてるわけではございません。

P1040103.jpg
がおー。

今日もお勤めお疲れさまです。

[タグ未指定]
[ 2010/05/26 16:15 ] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

きりたんぽ

今日は秋田市のほうに用があったので、せっかくだから「きりたんぽ」を食べにいきました。
もう心躍りまくりですよ。今まで秋田で観光らしい観光をまったくしていなかったのでご当地グルメにワクワクしてました。

P1040099.jpg
さぁ買って参りました。一本189円でしたよ。
このワクワクをどう片付けてくれるのでしょうか。なにせ全国級の知名度を誇るきりたんぽですからね!
こいつのポテンシャルに期待です。

P1040100.jpg
パックから出し、まず表面を眺めます。
みたらしのような味噌がつややかに光っております。

いざ実食!



はいこれは米ですね。わかります。
みたらしをちょっと塩辛くしたような味噌でした。多分この手の食べ物の味噌はピンキリなんでしょうが。
言うなれば五平餅を丸くしたもの。これでスバリでしょう。
・・・とまぁ想定の範囲内の結果だったのでとやかく言うのも野暮ですが、
平たければ五平餅。丸かったらきりたんぽ。みなさん覚えましたか?
これでまた一つ賢くなりました。

[タグ未指定]
[ 2010/05/26 15:27 ] 食べ物 | TB(0) | CM(0)

大学いも

P1040081.jpg
これは大館曲げわっぱ体験工房のある商店街の中にある、おばちゃんが細々とやっている屋台の大学芋。
なんともう53年(だったかな?)も同じ場所でずーっとお店をやっているそうな。
しかも100gを昔と変わらず100円で売っていて、しかもうまい!もうリーズナブルを超えて神価格ですよ!
大館には神がおはします。

そんなもんだから通ってしまうのは世の常。いつも前を通るたびに買ってしまいます。
しかもおばちゃんが人当たりが良くて手渡されるとき気分がいいです。
おばちゃんとのやりとりもおいしさの秘訣。
決してきれいとは言えない屋台だけど、汚うまい感じがたまらん。

P1040082.jpg
ほれほれと言わんばかりにアップ。
いつも余った蜜を楊枝ですくってなめております。

P1040083.jpg
この日は雨だったもんだから、こんな浮浪者を見兼ねてかおばちゃんが栄養ドリンクをくれました涙
倒れそうなときになるまで、お守りとしてとっておこうと思いました。

[タグ未指定]
[ 2010/05/26 15:11 ] 食べ物 | TB(0) | CM(0)

世間のイメージ

いい加減ブログの体制を整えろと自分に言いたい今日このごろですが、またなんてことない記事を書いて先送りにしてます・・・。

さて、こうして伝統産業の中を実際に見てみると、イメージと現実との隔たりを感じます。
なにか世間のイメージは、伝統産業というと、熟練の職人が丹精込めて、とか、手作りで心伝わる、だとかって感じではないでしょうか。
確かに小規模で細々とやっている工房とかではそういったことが言えるかも?といった具合で、だいたいのところ特に分業制の工場では淡々とそれこそ機械のように作業していきます。

いつまでも「手作り」という看板を掲げるのではなく、物で勝負しなくてはこれからの時代はやっていけないでしょうね。まぁ伝産法によって手作りを奨励されている訳ですけど・・・。
それで何が言いたかったというと、昔そのままを後世にという、遺産的な発想ではそこで進歩はストップしてしまうのです。
ですから、生産者も消費者も、日本の伝統のこれからをちゃんと意識せねばなりませんね。


[タグ未指定]
[ 2010/05/25 22:36 ] 伝統産業について | TB(0) | CM(0)

工程の機械化について

伝統産業がつくる中で長年培ってきたノウハウも大事ですが、技術も進歩するので時代に合わせた変容が大事だと思います。

効率を考えて機械化することには条件付きで賛成です。その条件とは、創作力を失わないこと。
機械化して、物を凝視する目、微妙な変化を感じ取る手の感覚を忘れてしまうと、
その過程から生まれる創作のヒントをつかむことができなくなってしまいます。
ですから、もともと惰性に任せて行っていた手作業に関しては、機械化べきだと思います。
手作りにこだわって、時間と労力を掛け、価格が高騰しては消費者にとっては、いい迷惑じゃないでしょうか。
でもその時間と労力を掛けるに堪えうる、その人がそのやり方でしか得られない感覚があるとすれば話は別ですが。

手作りだからいい、昔のやり方が一番、と安直に考えて時代に合わせた変革を行わない体制が産業に残っているとすれば、先人たちを敬っていながら、それを未来につなげることを怠っているといえるかもしれません。
非効率的な作業を好む人たちが後世も集まるとは思えません。後世の為にも、効率化できるところはそうするべきだと思います。

でも、昔のやり方を知っておくことは大事です。そうやって過去と現在を結んでいくことで初めて見えるものもあるでしょうから。

[タグ未指定]
[ 2010/05/25 21:17 ] 伝統産業について | TB(0) | CM(0)

米代東部森林管理署に行ってきました。

今日は米代森林管理署に行ってきました。
というのも、曲げわっぱの原料である天然秋田杉のことや、曲げわっぱの森のことなどを調べたかったからです。
米代森林
以下要約です。

今天然秋田杉と呼ばれているのは江戸時代の頃に植えられたものです。
戦後復興、高度経済成長期において良質な木材を多く供給し、そうした中で木の成長と消費が追いつかなくなったと一般的にいわれているそうです。
そして現在、木の文化を支える森づくりという活動が行われています。以下は同パンフレットに掲載されている「曲げわっぱの森」の紹介文です。
「曲げわっぱの森」
大館地方の伝統産業である曲げわっぱに使用するスギを将来にわたり持続的に供給するため、曲げわっぱ産業に携わる方々を中心とした「曲げわっぱの森育成協議会」により、木材のPRや森林環境教育への活用も含めた森林づくり活動が行われています。(木の文化を支える森づくりパンフレットより)

この森の杉が今樹齢102年(2010年現在)でこれが樹齢150年になるまでは伐採せずに大館曲ワッパ協同組合と協力して保護していくのだそうです。
前回の記事で紹介した通り、天然秋田杉の国有林からの供給は平成24年度をもってストップとなるのですが、民有林から今まで通りの安定的な供給は難しく、やはり曲げわっぱの素材も高齢級材(樹齢150年未満)や近隣の国有林のものなどの代替材を考えなくてはならなさそうです。
実は曲げわっぱの森だけではなく、樹齢100年ぐらいの杉林は何カ所もあるそうで、そうした森をすぐに伐採せず保全の取り組みがなされているそうです。

他にも間伐材のことや、森づくりのサイクルなどを詳しく教えてくださったので、また今度まとめた記事を書こうかなと思います。
こんな浮浪者に丁寧に説明してくださった米代森林管理署に感謝です。

[タグ未指定]
[ 2010/05/25 14:16 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(0)

大館曲げわっぱ体験工房のスタッフの方に聞きました。

大館曲げわっぱ体験工房のスタッフの斉藤さんにインタビューしてきました。
今回は試験的にインタビューをそのまま掲載します。
結構時間のかかる作業なので今後この形式をとるかはわかりません^^;

コンポ 1 (0.02.22.23)
shoji: まず最初に、この大館曲げわっぱ体験工房はどういった経緯でつくられたのですか?
斉藤さん: はい。今までお客さんが曲げわっぱの体験したいと言ってもそういった施設がなかったので、大館曲ワッパ協同組合がそれならばつくろうということでできました。きっかけは、もともと大館市から協同組合にそういった施設をつくったらどうか、というお話があって、市から委託を受けて組合として体験工房をつくったのが始まりです。もともと団体、観光客などから体験したいという要請が年に数件来ていたので、組合の事務所であったり、人数が多い場合は場所を移したりして対応していました。なので、本格的に体験できる施設をつくりました。
shoji: 体験したいという要望は昔からあったのですか?それとも近年増えてきましたか?
斉藤さん: 前々からあったみたいですよ。協同組合の方に直接問い合わせもあったし、大きな会社とかにも直接見てみたいという要望が年に数件ありました。体験キットなども用意して対応していたようですが、会社なのでなかなか付きっきりでというのは難しかったようです。なので、従来から体験の要望もあり、大館曲げわっぱのPRとしてもこの体験工房がつくられました。
shoji: お金の話なってしまいますが、大館市から委託を受けてとのことなのですが、財源はどこから来ていますか?
斉藤さん: この体験工房は国の政策による、「ふるさと雇用再生事業」の一環で、各都道府県に予算が配分されて、その中の大館市の配分の中の一部で賄っています。そして、この施設の契約は3年間です。
shoji: 3年間の後は補助はなくなるのですか?
斉藤さん: ふるさと雇用再生事業の国からの補助金の契約年数は3年と決まっているので、
それ以降は国からの補助は今のところなくなる予定です。
shoji: 今も頻繁にお客さんがこられますが、今のままのペースだと、3年後は・・・どうなんでしょうか?
斉藤さん: 3年後は・・・今のままのペースでは難しいでしょうね。
今は補助金で家賃、光熱費、人件費などは賄っているのですが、協同組合単独で今と同じ計画で運営して、
利益の中で賄っていくためには、日々20人くらいのかなりの人数に来ていただいて、一人3,000円のコースを体験してもらって、多分やっと賄える形になるので、コンスタントに20人・・・となったらすごく大変ですね笑

[タグ未指定]
[ 2010/05/25 12:06 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(0)

伝統産業とは

伝統産業の説明として、いつかのメモがありますので紹介します。

「かなりな長年月にわたって歴史的に伝承的に形成されてきた特定の産業をさす。
地域的、系譜的に都市手工業に属するものと農村手工業に属するものがあるが、
そのどちらにしても、伝統産業はまず何よりも手工的技術を基礎とする。
その技法は発生的には必ずしも在来、固有のものであるとは限らない。
たとえそれが当初は外国より移植されたものであるとしても、
長年月のうちにいわば固有性を持つようになる。(黒松厳)」

この説明で概ね問題ないと思います。
実際、日本の伝統産業のルーツはだいたい中国です。
ですが、この説明でもあるように外国より移植されたものでも、
やはり「らしさ」と言うべきか、固有性が各伝統産業で育まれてきました。
さらに言えば、継承されてきたものは技術のみではないことが窺えます。

熟練の技術も大事ですが、ものづくりの中のあらゆる営みをひっくるめて
伝統産業を捉えるべきだとおもいます。

[タグ未指定]
[ 2010/05/23 22:12 ] 伝統産業について | TB(0) | CM(0)

伝統産業という言葉

伝統産業を巡る旅と銘打っているものの、
実際、「伝統産業」という言葉を使うとき喉につっかえる感じを覚えます。

「伝統」というと「古い」、さらには「昔ながらがいい」というイメージを持たれてしまいがちです。
確かに昔ながらのものを懐かしむ気持ちもわかるのですが、その昔を知らない人にとっては、
「何となく知ってるノスタルジックなもの」程度だとおもいます。
そうなると、伝統は過去のものとなって、未来に繋がる原動力を失ってしまう恐れがあります。
伝統には「現在」も含まれていることを忘れてはなりません。

「産業」というのもなかなかためらいがあります。
いまや伝統産業はものをつくるためだけではなく、地場のアイデンティティを形成する重要な働きをしています。
さらにイベント、体験施設、それに伴う雇用などあらゆる役目を持っています。
「産業」という捉え方では収まりきらないないのが伝統産業だと思います。

と、うんぬんたれたあげく、かといって伝統産業という言葉の代わりがある訳でもないので、
今日も伝統産業と言うのでした。

[タグ未指定]
[ 2010/05/23 21:54 ] 伝統産業について | TB(0) | CM(1)
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。