shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

+some project

+some_logo.jpg

おもいつきでロゴっぽいのつくってみました。気分なんでとりあえず仮です。

さて「+some(プラスソメ)」というのはshojiの個人的にな企画です。

テーマは簡単。”伝統工芸品にちょっと(some)をプラス。染め(some)をプラス”です。
いままで染めとあまり縁がないものに染めの要素を盛り込んでみようって思ったわけです。
当方、染めのことをちょくちょくやってたんでいろいろ知識を提供しながら、逆に提供されながら、いろいろつくってみようって企画(?)です。
というのも、日本の染め物ってなかなか厳しい状況なんですよね。
和から洋にライフスタイルが変わった中で、かつて栄えた染め物、織物業界は縮小を余儀なくされました。
まだまだ高級品を扱う業者さんには一定の注文がくるとは思いますが、名も無い染め屋さん織物屋さんは閑古鳥状態になっているところをよく目にします。

しかし、商業的に衰退してしまった日本の染め物には、文化面、いわゆる「日本らしさ」がみっちり詰まっています。この文化的な蓄えに、新しい活用先が見つかれば、おもしろそうなのになぁといつも思います。

古い商店街にはだいたい着物屋さんがあるように、地場には中小規模の染め屋さん、織物屋さんは少なからずまだあります。というわけで、地場の中で染めと何かをコラボさせることで、地場および日本の染め物の活性化への可能性が見えてくるんでは?と思います。

と、まぁとりあえずちょっとずつやっていこうと思います。
思いつきなんでこれからどう展開していくは未定です。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/07/09 00:20 ] 大館曲げわっぱ +some | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。