shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月10日

今日は型にはめておいた木たちを外す作業。
電動丸ノコの作業に割り込む形で作業をさせていただきました。本当にいつもお手数掛けます・・・。

それにしても改めていつもお世話になっているなぁとしみじみ。
この旅を始める前は、厄介者だし煙たがられるだろうなと覚悟してました。でも大館では本当に皆さんよくしてくださり、とても助かっています。
とはいってもどこでもこううまくいくとは限らないので、厄介者精神は忘れません。

DSC_2518.jpg
いつも機材や作業場をおかりしている体験工房には伝統工芸士であり現代の名工、佐々木悌治さんがいらして、いろんな話を聞ける上、比較的お若い斉藤さん、あべさんというスタッフの方がいらして、気軽に足を運べるとてもいいところです。
この体験工房がなかったらどうしてただろうと考えると・・・どうしてたんでしょう笑

DSC_2519.jpg
やっぱり実際にみないと細かいところはわかりません。作業してるところがみれるって貴重ですね。
こうして墨付けされているところとか、決まったやり方があるわけでなし、本を読んだって載ってないですしね

DSC_2516.jpg
杉にも色の個体差はあります。こうした色の違いは遺伝によるものなんだとか。
そういえば杉って写真左のように赤いイメージがあったのですが、大館に来て白い色のものばかり目にします。
「こっちのほうは赤い色の杉が少ないのですか?」と尋ねたところ「そうでもない」とのこと。
でも白い色のもののほうが好まれるそうで、商品は白いものが多くなるみたいです。
じゃ赤いのは何処に行ってるのでしょうか・・・。

と、いろいろ細かいことに気づかされる日々です。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/07/11 00:23 ] 旅日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。