shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明けがら寿。大館名物なんですって

DSC_2609 のコピー

久しぶりに食べ物の話題。
先日たまたま知り合ったお茶をやっているおばさんのもとを訪ね、そこでいただいた、「明けがら寿」なるものを紹介します。

といっても写真はこれだけです笑
お茶をもてなして下さっているなかカメラを構える気になれなかったので・・・。

「明けがら寿」、変わった名前ですよね。
このお菓子は寒氷(寒天と砂糖でできた白いもの)に胡桃を入れたシンプルなものなんですが、その胡桃が暁の空に飛ぶ烏だとかなんだとか。へー。
まぁ詳しいことはググりなさい。

簡単に味を説明すると、極甘。
どれくらい甘いかというと、氷砂糖をなめてるような感じかな?たくさんは食べられない甘さです。
それでも食感はホロホロとしながら滑らか。そして胡桃の食感がアクセントになり、この甘さをもってしても上品さを損なっていません。

単体ではたしかに甘すぎるのですが、お茶と一緒にいただくとなかなかいい感じです。
と思っていたら、ググってみると「お茶席で好評」と紹介されていました。やっぱりね。

しかも曲げわっぱのお盆で出してくださった、おばさまの粋な計らいでいっそうおいしく。
なんだか、茶道ってあんまり知らないけど、素直にいいなぁと感じます。

是非、お茶と一緒に極甘の「明けがら寿」を。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/07/23 23:50 ] 食べ物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。