shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

曲げわっぱでこんなことやあんなことpart4

DSC_2622 のコピー

続・佐々木さんの作品。

一見、カクカクして彫刻のように見えますけども・・・。

DSC_2644 のコピー
なんとこれも木を曲げて作られています。一輪挿しです。
ちょっとネタばらしをすると、木に溝をつけ曲げていく「挽き曲げ」という技法で作られています。
技法だけ知っていても、これをつくるのには相当な正確さが求められます。

DSC_2620 のコピー
「挽き曲げ」の技術自体は今のように茹でて曲げる技法より昔にあった技法ですが、こうしてカクカクした曲げ物は改めて新鮮みがあります。
しかも、木の断面には丁寧に樺が貼られています。
佐々木さんの作品は見てると本当に楽しいです。

DSC_2641 のコピー
DSC_2643 のコピー
これも曲げ物。
「曲げわっぱって昔と変わらないじゃ~ん?」なんて声を吹き飛ばす斬新さです。
しかも菱形を艶あり、艶なしを組み合わせることで、なんともエレガントな風合い。
和洋折衷な装いに、変わらない新しさを感じます。

「これセレブのゴミ箱とかにいいですね~」とか言ってしまった自分。けしからん。
でもそれに「そういうときはゴミ箱って言わないの。ダストボックスっていうの。」と諭してくれました。

佐々木さんは曲げわっぱのだけでなく、木工全般をひととりやってきたお方。
それにくわえ、溶接も自分でこなし、工作機材も自分でつくってしまうというから驚きです。
千手観音ですか佐々木さんは。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/08/04 01:45 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。