shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

体験工房の展示品

DSC_2680 のコピー

前回は体験工房の大館以外の曲物、木の産地の展示品を紹介しましたが、今回は大館の展示品を紹介します。

DSC_2662 のコピー
各工房の商品が並んでいます。
おひつ、お弁当箱、お茶道具などが並んでいます。

DSC_2663 のコピー
よくお客さんが手に取るのが、佐々木悌治さんによる、スープカップとコーヒーカップ。
残念ながら非売品です。

DSC_2665 のコピー
こちらは、「曲げわっぱの森」(詳しいことはググりなさい)から樹齢102年を試験伐採し、その木を用いた新作展の作品。
国有林からの天然秋田杉の供給が24年度をもってストップになるのに伴い、樹齢の若い木を用いた試作品を製作する取り組みがありました。

DSC_2666 のコピー
若い木は木目が広く、今までと同じものをつくっても見劣りしてしまう、とのことでこうして目先を変えた作品が作られました。

DSC_2667 のコピー
これなんか回転テーブルにいいかもしれませんね。
アンケートの結果、展示会で一番評判がよかったそうです。

DSC_2669 のコピー
鍋敷き、舟盛り、お弁当箱・・・
いろいろ形状に試行錯誤がなされています。

DSC_2614 のコピー
以前も紹介したドーナツトレイ。
ミニ盆栽を飾ったり、いろいろな用途がありそうです。

DSC_2687 のコピー
重ねパーティトレイ。
図面ではもっと山が高くなる予定だったのは内緒です。

DSC_2684 のコピーDSC_2685 のコピー
こちらは佐々木さんの作品。
こういう意欲作を見るのは楽しいですね。

DSC_2682 のコピー
これからも展示品を増やしていく予定だそうです。
来て、見て、聞いて、体験して、充実した時間が過ごせますよ。
この体験工房目当てで大館に来てもいいんじゃないんですかね。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/08/07 23:33 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。