shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

阿仁熊牧場

8月24日には北秋田市阿仁にあります「阿仁熊牧場」にも行ってきました!

DSC_3038 のコピー

ここの熊牧場はツキノワグマで、ヒグマと比べるとやや小柄。
でもそこはやはり熊。ケンカともなれば凄まじいパワーでぶつかり合います。

DSC_3033 のコピー
「あぁ?」「やんのか?」

DSC_3035 のコピー
「おれの飯だ!あっち行け!」「お前こそあっち行け!!」

なんてそこら中でケンカが勃発してます。
響く雄叫びが生々しく、ワイルドな熊さんが見られます。

DSC_3037 のコピー
ちなみにケンカなんてしなくてもごはんにはありつけます。
こちらはおとなしく食事中。

他、熊の様子。

DSC_3020 のコピー
ちょこーん。

DSC_3029 のコピー
がお。

DSC_3016 のコピー
水飲み中。

DSC_3024 のコピー
「・・・なんか用?」

DSC_3021 のコピー
「おれら見られてるな。」「おう見られてるな。」

DSC_3026 のコピー
「にひ。」

DSC_3043 のコピー
「なんなんだろうなオレらって・・・」

DSC_3042 のコピー
DSC_3041 のコピー
「何?えさくれんの?」

なんて聞こえてきそうな表情豊かな熊たち。
しかしそこは猛獣。けっして山で遭遇しても語りかけたりしないように。やられますよ。

そして同じく阿仁にあります、「マタギ資料館」にも行ってきました。

「マタギ」というのは山で古来からの狩猟法で熊やカモシカなどの狩る、狩猟のエキスパート集団。

まぁ詳しいことはググりなさい笑

これはマタギ資料館の様子。
DSC_3008 のコピー
DSC_3009 のコピー
熊に捨てるところ無し、といった具合に、皮や肉はもちろん内蔵も薬としてかなり珍重されたようです。
熊の毛は意外と柔らかくも腰のある感じでした。人々のいい防寒着になっていたことでしょう。

生きた熊を見、開きになった熊を見、熊を堪能した日でした。

気をつけて見なければ何もなさそうな阿仁地区ですが、一歩踏み入れば面白いものがごろごろしているところでした。
田舎だってちゃんと面白いところがあるんだなぁと世の中の広さを知りました。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/08/28 02:21 ] 旅日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。