shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋田職業能力開発短大訪問

話題は古いですが、9月末に大館にあります「秋田職業能力開発短期大学校」に行ってきました。

かねてから同大学の小笠原先生にお世話になっており、是非一度、学校へ訪問したいと思っていました。

DSC_3869.jpg

大館では小学4年生に曲げわっぱ体験の授業があります。
同大学の協力で、曲げわっぱにレーザーで児童の描いた絵を焼き付けをする試みがありました。

そういった取り組みを始め、たびたび小笠原先生にお会いする機会があり、モノづくりの資料を頂いたり、参考になる場所を教えていただいたこともありました。

DSC_3792.jpg
DSC_3795.jpg

ここが「秋田職業能力開発短期大学校」、いわゆる職能短大です。
田園に囲まれたところにあります。

DSC_3794.jpg
本で見たことあるジオデシックドーム。
自分は建築には疎く、名前がかろうじてわかる程度です^^;

ここには生産技術科、電子情報技術科、住居環境科があります。
以前はデザイン科もあったそうですが、今は無いそうです。

DSC_3790.jpg
校内を案内して下さった小笠原先生。

学校を見て、さすがモノづくりの大学。自分みたいに浅く広くの人間とは違って専門性が違いますね。
使ったことの無い工業的な機材が並び、専門用語が飛び交っている様をみて、モノづくりを支えるってこういうことなんだな~と感じました。

DSC_3787.jpg
そして、これが例のレーザーを照射する機械。
パソコンで取り込んだデータ通りにレーザーで焼き付け、切削ができます。

ですがあまり大きな機材でないのに、何百人もの指導の絵を取り込み焼き付け、、、

先生方の献身的な姿勢が窺えます。


また例によって先生とも長話をしてしまいました。
話に付き合って下さった小笠原先生、ありがとうございました!

いまのところ、学生と曲げわっぱが絡む取り組みが無いようですが、いつの日か研究とかしてくれる学生がいるといいな~とか思いつつ、職能短大をあとにしました。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/07 20:13 ] 旅日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。