shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

盛岡でやること

DSC_3891.jpg
DSC_3903.jpg

盛岡でやること。

もちろん、「南部鉄器」。

実は伝統的工芸品の指定第一号なんですって。
それだけ規模が大きかったってことでしょうか。

さて、大館にいるときは、「市民と工房の交流」について考えてきました。
前に大館市観光物産課の越前課長とお話した中で、「どうやって伝統産業に親しんでもらうか」と話題に出たとき、「南部鉄器は観光客が見て、体験して、買ってってもらうの上手くやってるよ。」との言葉がありました。

大館ではやっとできた「大館曲げわっぱ体験工房」「大館観光物産プラザ」ですが、両者とも採算面などの今後の先行きは不安です。ですが、産地における貢献度は大きく、こうした施設はとても大事であると思います。


盛岡には「盛岡手作り村」という施設があります。
ここには、十数軒の地場産業の工房が集結し、それぞれ工場を構え、直売もしています。ただの見せ物ではなく、それぞれの工房が独立経営しているため、本気の工房が並びます。

観光客が、実際につくっているところを見れて、体験も出来て、買って帰れるという、伝統産業に親しんでもらうにはうってつけ!

話を聞く分にはそうですが、実際のところどうなのか。
南部鉄器からの視点をメインに、こうした伝統産業の振興を目的とする施設の現状について見ていこうと思います。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/07 21:39 ] 南部鉄器 | TB(0) | CM(2)
No title
こんばんは!

私は9月29日にコメントをさせていただいた
kojiと申します。

先日、名前を入力し忘れておりました
大変失礼いたしました。


盛岡に入られたのですね!

南部鉄器は国内需要減少のため中国に
活路を見出そうとしていると耳にしたことがあります。

伝統産業の振興を目的とする施設の
現状についてのお話、とても興味深いです。
(国内需要の新規掘り起こし。。)

くれぐれも体調に気をつけてください。
[ 2010/10/07 22:38 ] [ 編集 ]
Re: No title
kojiさん、どうもです^^

只今、盛岡手作り村にていろいろ取材しています。

かねてから中国進出の噂は聞いておりますが今のところ話題に上ってません^^;
同施設内には南部鉄器協同組合もありますのでその場で聞いてみようと思います。

とりあえず体調はばっちりです!
[ 2010/10/10 17:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。