shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伝統工芸品に求められるもの

伝統工芸品について思うこと。

伝統工芸を見ていると、やっぱり欲しくなるのはベーシックなタイプ。
なんだかんだ言って伝統産業の中で売れているものって昔ながらのベーシックなタイプではないでしょうか。
何百年と使われて定まった形であり、自然と人に馴染むものがあります。

ユニバーサルデザインだの、時代のニーズに合わせるだの、そういって生まれたデザインで本当に必要だったものってほんの一握りではないだろうか?
「だれでも使いやすいようにしました。」
「今の若い人が親しみやすいものにしました。」
と言ってやたらカラフルで取って付けたような形のものを提示してくる。
おそらくこんなことをしていたら伝統産業、伝統工芸はなにも良くならないのではないかと思うんです。

だいたいそういうこと自体が既にオーバースペックの領域なんじゃないかと。
そんなことしなくても、伝統工芸品は十分に便利だし、仮に少々の扱いづらさがあっても、それを知っていれば難なく使いこなすことが出来ます。
何百年もモニタリングされてきた訳ですから、どうにも使いづらかったらとうに無くなっているはずです。

そして芸術性も損なってはいけません。
正直、機能のないただの装飾がほとんどです。しかしそれはあくまで物理的な話で、だからと言って取り除いていいものではありません。そこにある精神に訴える魅力を疎かにしてはいけません。それに惚れ込んでいる人がいるのですから。


伝統産業で忘れてはいけないこと。
それは、伝統産業を支えているのはその工芸品のファンたちだということ。
そして彼らは、本当の使い方、良さを知っているし、知り合いにもそれを広めているはずです。

もともと、そんな大量生産できない伝統工芸品は、万人が使いやすいように、また大衆向けにデザインすることの意義が余り無いように感じます。それによって上辺だけのものができるのならば尚更のこと。
それよりも、今好きで買っていってくれる人たちを大事にし、その人を伝って新しいお客さんにきてもらったほうが効果的だと思います。

いまの伝統産業は、振興、販路拡大に躍起になってファンを疎かにしていないだろうか。
そして十分にファンの要望に応えられているだろうか。ケアは十分だろうか。

もはやゼロからのクリエイションとは前提が違うんです。
ものだけ見ていてはいつまでも伝統産業は変われないでしょう。
時代のニーズだからと、あれこれ新しいものに手を出す前に、支えてくれているファンのことを考えるべきだと思います。

今の伝統産業には、世間の顔色を見てコロコロつくるものを変えたり、後継者がいなーい、安くつくれなーいとか言う前に、どかっと地に足付けて、お得意さんを丁寧にもてなす姿勢を大事にしてもらいたいものです。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/10 02:59 ] 伝統産業について | TB(0) | CM(2)
No title
おはようございます。
お元気そうでなによりです!

今日も興味深く拝読させていただきました。

特に、「お得意さんを丁寧にもてなす姿勢を
大事にしてもらいたい」というご意見に同感です!

関心が自分に向いていると
お得意さんとの距離は離れるばかり。。

職人さんや伝統工芸品を販売されている方
その品物に関わっておられる方々が、何故
関わることを決意したのか、そのモチベーション
も関心のあるところです。

取材、頑張ってください!!
ブログ、これからも楽しみにしております!!
[ 2010/10/11 10:33 ] [ 編集 ]
Re: No title
kojiさん、どもです。

取材してもすぐに記事にできないのが痛いところです・・・。
この前は「虎山」という工房の社長の方にお話を伺いました。

年配の方に伝統産業に入ったきっかけを聞くと「なんとなく」な感じが多いです笑
知らないうちにこの道一筋になっちゃったというのをよく聞きます。

ですがこの手作り村には20代の若い後継者のかたがいらっしゃいます。
年代が違えば思うことも違ってくるでしょう。
近々、取材をしようと思っており、そのあたり聞いてみようと思います。
[ 2010/10/12 02:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。