shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

工程の機械化について

伝統産業がつくる中で長年培ってきたノウハウも大事ですが、技術も進歩するので時代に合わせた変容が大事だと思います。

効率を考えて機械化することには条件付きで賛成です。その条件とは、創作力を失わないこと。
機械化して、物を凝視する目、微妙な変化を感じ取る手の感覚を忘れてしまうと、
その過程から生まれる創作のヒントをつかむことができなくなってしまいます。
ですから、もともと惰性に任せて行っていた手作業に関しては、機械化べきだと思います。
手作りにこだわって、時間と労力を掛け、価格が高騰しては消費者にとっては、いい迷惑じゃないでしょうか。
でもその時間と労力を掛けるに堪えうる、その人がそのやり方でしか得られない感覚があるとすれば話は別ですが。

手作りだからいい、昔のやり方が一番、と安直に考えて時代に合わせた変革を行わない体制が産業に残っているとすれば、先人たちを敬っていながら、それを未来につなげることを怠っているといえるかもしれません。
非効率的な作業を好む人たちが後世も集まるとは思えません。後世の為にも、効率化できるところはそうするべきだと思います。

でも、昔のやり方を知っておくことは大事です。そうやって過去と現在を結んでいくことで初めて見えるものもあるでしょうから。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/05/25 21:17 ] 伝統産業について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。