shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おひつの黒ずみ

P1040382.jpg

曲げわっぱのおひつを持っている知人に、おひつが黒ずんだと聞いて見てみました。

たしかに黒ずんでます。残念ながらこういった木の中でおこる黒ずみはヤスリで磨いても元に戻ることはありません。
原因はやはり乾燥不足。夏場の湿気の多い日では、洗った後乾燥が不十分だとこうして黒ずむことがあります。
こうならないために、湿気の多い日はドライヤーかガスコンロなどで乾かしてやるとこうした黒ずみは防ぐことができます。

P1040380.jpg
P1040381.jpg
P1040379.jpg

やはり、いくら「乾燥は十分に」と言われても、曲げわっぱを乾かすことを経験したことの無い人にとっては、「これくらいでいいか」と気を抜いてしまうのだと思います。
親から子へ道具の使い方が受け継がれる際は、経験をもって覚えるため、事細かな説明はせずともきちんと使うことができます。急激な経済成長、核家族化など、いろいろな要因があって、一世代途切れてしまっただけで、ただの飾りとなってしまった工芸品は数多くあります。


とはいえ、このような黒ずみは長年使っていればいつかは起こることでしょう。
解決方法はずばり「気にしないこと」です。

いつまでもつるつるピカピカなんて道具として不自然です。
こういう使い込むことで生まれる汚れも、使う楽しみと考えればなんてことはありません。

「朝、冷やご飯がおいしい」と、なんら使う分には困りません。楽しんで使っているようなので黒ずんでいようともこれで良いと思います。
やはり道具の問題というより、人の問題なんだなと感じますね。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/04 20:14 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。