shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人間国宝・濱田幸雄さん。一閑張り

コンポ 1 (0;00;43;10)_1 のコピー

濱田幸雄さんの一閑張り。

一閑張りとは、篭などに和紙を貼っていき、柿渋や漆などを塗ってつくる器などを指します。

コンポ 1 (0;00;11;16) のコピー

普通、一閑張りとは和紙をちぎっては貼ってを繰り返します。
写真はそうして作られたもので、継ぎ目がみられます。

それに対し、濱田幸雄さんの一閑張りは継ぎ目の無い一体成形。


コンポ 1 (0;00;01;22) のコピー

色とりどりな一閑張り。

コンポ 1 (0;00;35;02) のコピー

そして金色シリーズ。

コンポ 1 (0;00;38;25) のコピー

こんなランプもあります。

コンポ 1 (0;00;00;03)_1 のコピー

「だれも考えつかんものをつくらんといかん。」
これが濱田さんの信条。

もう79歳になられる濱田さんですが、気持ちは若く、はきはきとされた方です。
しかし、お体のほうは具合が良くなく、こういった一閑張りのものもつくるのになかなか手が着かないとのこと。

今はほとんど作っておられないようで、こうした作品は当面見納めになりそうです。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/24 20:08 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。