shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土佐和紙工芸村「くらうど」

コンポ 1 (0;00;01;04)_1 のコピー

高知県吾川郡いの町にあります、土佐和紙工芸村「くらうど」を紹介します。
こんな感じの田舎風景の中に、、、

コンポ 1 (0;00;03;16) のコピー

土佐和紙工芸村の看板が。

DSC_4247.jpg

「QRAUD(くらうど)」となんだかいきなり横文字。

DSC_4313.jpg

ここでは土佐和紙の販売、体験ができ、館内には和紙の照明がところどころに設置されています。

DSC_4395.jpg

いろいろな和紙が売っています。

DSC_4389.jpg
DSC_4396.jpg
DSC_4385.jpg


葦簀紙という少し変わった紙もあります。

DSC_4392.jpg
DSC_4394.jpg
DSC_4393.jpg
DSC_4390.jpg

でこぼこして厚みのある和紙です。

DSC_4312.jpg

同施設では紙漉の体験も出来ます。
楮とパルプを混ぜた紙なので、少しモサモサとした感じの紙です。

DSC_4349.jpg
DSC_4350.jpg

実際に職人さんが働いてらっしゃいます。(写真、ボケてますね)

土佐和紙工芸村では、研修生も受けつけているそうで、後継者育成、指導などの拠点になっているようです。

DSC_4362.jpg

同施設の裏には楮畑があります。


紙漉体験、宿泊、入浴、食事、お買い物とプラッと寄っても楽しめる道の駅土佐和紙工芸村「くらうど」。
和紙に興味のある方は是非立ち寄ってみてください。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/25 09:26 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(2)
No title
はじめまして、Hideです。
いつも楽しく読ませてもらってます。

今までのシリーズも楽しかったですが、特に今回の和紙は楽しみにしています。
和紙はなんといってもその強さと色合いの自然さがいいですよね。
繊維の存在感も好きです(笑)

しっかりとモノに向き合った職人さんたちのおかげでこういった伝統文化が守られているんですね。
自分たちも安さや手に入りやすさよりも、少しでもモノの質を見ていきたいものですね。

また、我々に新しい知識を発信してください!!
[ 2010/11/25 19:40 ] [ 編集 ]
Re: No title
Hideさんはじめまして。

和紙に対するそういった声が眼に見えるかたちで集まれば、もっともっと和紙は注目されるでしょうね。
自分もそういった声を聞くと何だか嬉しく感じます。

和紙の研究や芸術作品は数多く見られますが、まだまだ需要に繋がってないのが現状です。
実際に和紙が日常生活レベルでどのように使われているかも調べてみたいものです。

これからも和紙の好きなところ、使われ方など、気が向いたときにコメントいただけると幸いです^^
[ 2010/11/26 16:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。