shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

居候なう

いま地元の方のお宅に居候しています。

簡単な経緯。

無料キャンプ場でテントを張る→ホームレスと間違えられる→パトロールの方に事情を説明→うちにおいでよ

こんな感じです。

今お世話になっている方はポケットティッシュをつくる会社の経営者。
この不景気でもう工場が稼働せず、大変頭を抱えておられます。

今や経営者が従業員の給料を払うためにアルバイトをする時代。
いままで景気の波はあったものの一番今が悪いそうですね。
心労お察しします・・・。


高知県は和紙に限らず紙業者が多いのです。
かつては紙は高知産と言われたそうで、ティッシュの世界でも高知の紙はソフトで良質なんだとか。
たしかに製紙会社も多いし、かつて紙業で栄えたことが窺えます。

いまお世話になってる方も、昔は楮の皮を剥いだり、川に晒したりしていたそうで、小遣い稼ぎにそこらじゅうでそうした光景がみられたとおっしゃいます。
それだけ地域に根ざしていたものが50年あまりで廃ってしまうのですから、時代の流れは早いものですね。

それでも和紙というものが人々の心の中に残っていると感じます。
紙の町、いの町の復活のためには地元住民を取り込んで行動を起こすことが鍵になるでしょうね。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/27 02:00 ] 旅日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。