shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「かみこや」ロギール・アウテンボーガルトさん③

DSC_4557.jpg

民宿兼工房の二階にあるロギールさんの和紙の部屋をみせていただきました。

これは壁紙の色サンプル。
淡いながらも軽すぎないナチュラルな色は、紙に混ぜられた土によるもの。

ロギールさんの作品からは自然の気配が漂います。
DSC_4558.jpg
DSC_4559.jpg

これはサンプルなのですが、この色の配色を気に入り、このままで欲しいというお客さんもいるようです。

DSC_4552.jpg
DSC_4551.jpg
DSC_4553.jpg
DSC_4554.jpg

他にもたくさんの作品を手掛けています。

ロギールさんは多くの灯り作品を手掛けています。
くわしくは「かみこや」HPにて。
http://kamikoya-washi.com/sakuhin.html


DSC_4618.jpg
DSC_4619.jpg

ロギールさんの母国、オランダには古布を紙にする「コットンペーパー」があります。
これは檮原にある、坂本龍馬の脱藩の道の土を混ぜてつくられたコットンペーパー、その名も「脱藩ペーパー」。
研修生の証として、別れ際に下さいました(脱藩の意味も込めて?)

ぽってりとした質感で和紙とはまた違った風合いです。
日本の和紙だけでなく、オランダの伝統的な紙づくりも知っているからこそ、より和紙の世界が魅力的に見えるのでしょうね。


は「かみけん」内部の様子を紹介していきます。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/12/14 21:04 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。