shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楮の皮剥ぎ in こうぞはぎと懐かしの食体験

12月12日いの町柳野地区にて行われた「こうぞはぎと懐かしの食体験」に参加してきました。

コンポ 1 (0;00;27;16) のコピー

蒸し上がった楮の皮を剥いでいきます。

DSC_4577.jpg

楮が乾かないうちにどんどん剥いでいきます。

DSC_4578.jpg
DSC_4582.jpg
DSC_4583.jpg

蒸された楮は身と皮の間に隙間が生まれ、簡単に剥ぐことが出来ます。

DSC_4584.jpg
DSC_4585.jpg

参加者は教わりながら初めて触れる楮に興味津々のようでした。
もれなく、自分もね。

DSC_4595.jpg

剥いだ皮の束。
改めて、これが紙になっていくということがすごいことなんだな、と実感します。

DSC_4592.jpg

剥いだ皮は一旦乾燥させます。
これをまた次の作業「へぐり」の際には水に浸け繊維をふやかします。

DSC_4591.jpg

剥がれされた身の部分。
カジガラと呼んでます。薪にするとよく燃えるそうです。

楮の収穫は葉っぱが落ちた冬の仕事。貴重な燃料になっていたことでしょう。

DSC_4593.jpg

まだまだあるでぇ~と大量の楮の束たち。

これらの作業は大変時間がかかりますが、稼ぎとしてはそんなに大きなものではありません。
当然、賃金を払って、となるととても高価な紙になってしまいます。
今の和紙があるのも、こうした内職によって支えられているのですね。



皮剥ぎの様子です。

、へぐりの作業に続きます。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/12/15 16:48 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。