shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楮の皮剥ぎ、へぐり体験

へぐり

以前、紹介した、「こうぞはぎと懐かしの食体験」にて、楮の皮を剥ぐ、へぐるを実際に自分がやっているところです。

楮の皮剥ぎは、わりと素人でも簡単に剥ぐことが出来ますが、皮が裂けないように剥ぐにはそれなりにコツのいる作業です。


皮は、根っこのほうから皮をつかんで引っ張ると「じゅるん」と剥げます。(といっても動画ではのっけから失敗してます笑)

どうも蒸すと身と皮の間に水分の層ができ、簡単に剥げるようになるのだと推測。

雁皮はなんと蒸さなくても生のままできれいに剥がれるらしく、木にもいろいろな性質があるんですね。


へぐりの作業は、なかなか手間のかかる作業で。白皮のみにしようとすると一本にかかる時間は6分へぐりの倍くらいかかりそうです。自分は一本を仕上げるのに20分くらいかかりました・・・

ひたすら単調、腕は疲れる、小遣い程度にしかならない、いまでこそ昔やっていたという70~80代の方の手によってなんとか支えられていますが、このままでは人手不足はさらに深刻になってしまいます。
そのうえ素人では難しく、エキスパートでなければ満足なものは得られません。

今後、何もしなければ日本の和紙は10年持たないと言われています。
ものの目に見える部分ばかりでなく、ものが出来ていく過程、どこで作ったのか、などの情報をもっともっと発信していく必要がありそうです。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/12/18 22:58 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。