shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とある講演会にて

DSC_4717.jpg

曇天に小雨、強風で天気の悪い日でした。

1月15日、今日は午前中はレンタカーの延長をしに一旦那覇までいき、また大宜味村に戻ってくるという沖縄本島縦断ツアー。
といってもこの往復にはもう慣れたけどね。

ちょっとこぼれ話ですが、沖縄のお風呂って浴槽は無く、シャワーだけって家が結構多いみたいです。もともと沖縄では湯船に浸かるって風習があまりないようです。ただでさえ暑いのに何故に湯につかるんじゃぁ!ってことかな?

よって銭湯も少ない。車中泊続きで膝が伸ばせない日々、せめてお風呂は湯船に浸かって・・・と思ってもなかなか手頃な銭湯は見当たらず。幸い、日帰り入浴800円のホテルがあり、どうしても疲れたときはそこに行くようにしています。


午後は、とある地元特産品農家を集めた講習会を聞きに。
地場産業を巡っている者として、地元業者がどんな講習会を受けているのか気になり立ち寄ったわけですが・・・



この講習会のセッティングに尽力された方々には悪いですが、とても良いと言えるものではありませんでした。

講習会は複数のゲストを招いて、多方面から農家にアドバイスをするという形だったのですが、特産品がもつ機能性について分析した講演には好感が持てましたが、とりわけ商品開発、マーケティングリサーチなどの、一番農家が苦戦しているところの講演ははっきり言って内容が薄かったです。

マーケティングリサーチの専門用語を得意げにつらつらと言いながらグラフを見せて、因子分析から現行商品の欠点はあぁでこうでと説き、結局これといった具体案を提示することなく講演を終え・・・

リサーチの仕方もお粗末だし、まるで学生の課題発表を聞くかのよう。

真剣に聞く農家の方たちも、量は減らしたほうがいいんじゃないか、ひとつひとつ個別包装したらいいんじゃないかとアイデアを寄せますが、根本にせまる議論はされず、結局、終止会場がふわふわとしたままでした。

こういう場面に出くわすと、行き詰まる地場産業に本当に必要なのは、マーケットリサーチやデータ分析ではなくて、皆の不安を一手に引き受けて「これやってみよう!」といえる行動力のある人なんだなとつくづく感じます。

不安の拠り所にデータに頼りたくなる気持ちもわかりますが、そもそもデータはリスクに対する保険にしかならず、そこから新しいものが生まれるわけではありません。データは既成概念を集めたもの。それを寄せ集めたってお客さんを感動させることはできません。感動って心を動かすってことですもんね。既成概念をちょっといじくっただけじゃだめなんですよ。

うまくいってるところはそれまでの過程で苦境を乗り越え、地力を蓄えてきた人たち。うまくいってないところは、そのうまくいってるところの方法だけ真似した人たち。
そんな場面をたくさん見てきました。

リサーチをすれば売れる、専門家に頼めばうまくいく、それは幻想だと思います。地力のない企業はうまくいきません。じゃぁどうやって地力をつけるか、動きながら身につけるしかないんです。地力ってなんだ、動いた人にしかわからないものです。

持ってるものは素晴らしいのに、鶴の一声を出せずにふわふわしたままの地方の産業。もったいないなぁ。

伝統産業の人たちに聞くと、講習会にたびたび出向く(付き合わされる?)そうですがあまりいい評判は聞きません。もしグラフや数値を見せられスライドを眺めるだけの講習だとしたらお金の空回りも甚だしいです。


・・・・とかなり批判的な意見を述べてきましたが、一番後ろでひっそりと聞いていた自分は何も言わずに早々と出てきてしまい、後で心に引っかかり非常に情けない気持ちに・・・。でも自分が何をするべきか考える良い機会となりました。

講習会の最後に、退場していく農家の方々にビラを配っているおじさんがいました。

「今度○○農家の人(業界では話題の人らしい)の講演があります、参考になると思いますので是非参加を」と農家の皆に訴える直筆白黒コピーのビラでした。

これが今日一番の収穫かもしれません。


今日風めっちゃ強いし、やっぱり肌寒い。(薄着がいけない)

がんばらないとなと思います。

DSC_4719.jpg
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/01/16 02:44 ] 沖縄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。