shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

与那国島は雨

携帯から。

19日、今日も与那国島は雨。
午前中は民俗資料館に行こうとしたけどお休み。同じく研究目的で来ていたおじさんと会い、お互いに出直しですねとその場をはなれました。

昼も近い中途半端な時間で仕方なく町歩き。
与那国島の町並みはところどころに赤瓦の家が建っているものの、なんとなく他の島とは雰囲気が違います。何が違うとは言えないですが、どこか沖縄の端であることを感じさせます。

午後は宿に帰り昼食をとり、伝統工芸館に向かうと、民俗資料館の入り口で会ったおじさんと再会。「今から織物の工房行くけど、どう?」と誘われ、一緒にいくことに。

工房に着くと高機がたくさん並ぶ部屋に人が二人。手織り小物をつくる工房だとか。
サンプルや伝統的なドゥタティと呼ばれる爽やかなチェック柄の衣装を見せていただきました。

「糸は他所から買うけど、与那国の織物は手織り、地元の草木を使って染めている。」
とのこと。
行事に欠かせないドゥタディは今も地元で織られ、逆に石垣島からも織りを頼まれることもあるんだとか。

文化としての織物、産業としての織物、バランスが良い印象を覚えました。
どんどん与那国の織物の今を探っていきたいと思います。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/02/19 20:27 ] 沖縄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。