shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いろいろな久米島紬

DSC_5166.jpg
DSC_5249.jpg
DSC_5167.jpg

黒褐色が有名な久米島紬ですが、色物も豊富にあります。
近年ではものすごく手間のかかる黒褐色の泥染は敬遠され気味で色物が多く織られています。
それに織り手としてはいろんな色に挑戦したいですしね。

以下いろいろな久米島紬を紹介していきます。
DSC_5143.jpg
DSC_5154.jpg

ユイマール館で伝承生へ指導に当たっている先生の所有品。
買ったらとんでもない値段になります。

DSC_5157.jpg
DSC_5162.jpg

とても手の込んだ絣です。
久米島紬は沖縄の中でも異国情緒を感じる織物です。

DSC_5155.jpg
DSC_5158.jpg
DSC_5159.jpg
DSC_5170.jpg

絹でもどこか綿のような風合いも合わせ持っています。
よって江戸時代の奢侈禁止令の際には、木綿と偽って紬を着ていた人もいたという説もあります。

DSC_5232.jpg
DSC_5233.jpg
DSC_5236.jpg
DSC_5186.jpg
DSC_5235.jpg

照明の具合で色が違って(ホワイトバランスくらいいじれよと)見えますが総じて極めて黒に近い褐色です。というかもう黒か。
柄にもそれぞれ名前があり、鳥が飛んでいるような柄は「トゥイグヮー」といいます。「トゥイ(鳥)グヮ―(小)」で名の通り小鳥を指します。あと楕円がずれて二つ並んでいる柄は「トーニー」といい、豚の餌箱を模様化したものです。
このように、身の回りにあるものを模様化していくのが沖縄染織の特徴。大工道具、植物、体の部位、モチーフは実にさまざまです。

DSC_5190.jpg

これは非常に細かい絣の男物です。
このような絣は「締め機」という道具を用いる技法を使います。なかなか口で説明できないので気になる方はリンク先を参考して下さい。

DSC_5192.jpg
DSC_5196.jpg
DSC_5193.jpg
DSC_5195.jpg
DSC_5191.jpg
DSC_5194.jpg

これらは代々島で地頭を務め、久米島紬の技術指導を担っていた上江洲家が所蔵していたとされる布。
いつ頃のものかはわかりませんが、状態から明治くらいの物では?なんにせよ、時代を感じさせない色使いです。
織物の世界では、古い物=渋い、地味では決してありません。むしろ今よりもカラフルなものがたくさんあります。そうしたものは不思議なもので時を経ても古びず、なにかオーラのようなものを纏っているよう。

DSC_5262.jpg

今も続いてる沖縄の織物はかつては貢納布だったものがほとんどです。貢納布制度は1879年の琉球処分後も続き、1903年(明治36年)まで続きました。貢納布制度は人々に重くのしかかり、こなすのにやっとな量、質を求められましたが、皮肉にもその厳しい環境下だからこそ、精巧な織物が沖縄で発達したとも言えます。

久米島の絣は実に精巧で、黒に浮かび上がる光の絣は自然と人を引き寄せます。

もちろん久米島でも庶民の布、芭蕉布は織られていました。
展示されていたので、そちらも。

DSC_5180.jpg
DSC_5181.jpg
DSC_5197.jpg

今では高級品となってしまった芭蕉布も、昔はなんてことはないありふれた布だったんです。
そして芭蕉布をつくる重労働も当たり前だった。昔の「当たり前」に今の物差しで測ったらとんでもない値段になってしまうなんて、なんだかおかしな話ですよね。

DSC_5165.jpg

色ものもいいけど、やっぱり黒の久米島紬が好きだな。
久米島紬の絣は一番、絣の良い効果現れている織物だと思います。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/03/11 12:32 ] 久米島紬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。