shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宮古上布と宮古織

DSC_5765.jpg

大変手間もかかり高額になってしまう宮古上布。それだけでは産業として成り立たないため、別の製品も考えなくてはなりません。そこで宮古島では「宮古織」という名で、ラミー(機械紡績の麻)を用いた製品群が存在します。

紺地で落ち着いたイメージのある宮古上布とは対照的に、宮古織と名付けられたものは色彩がはっきりとしたものが多く、明るい感じを受けます。このことが関係しているかは定かではありませんが、かつて宮古上布と銘打ってラミーを用いた製品が出回ったことがありました。おそらく宮古上布とあえて対照的なものとし、住み分けをするスタンスを示すためなのかな?と想像しています。

DSC_5768.jpg

製品のバリエーションも多く、観光客をターゲットに小物系が多い印象です。宮古島ではなるべく自分たちで行うようにしているとのことで、形状もひと工夫されたものが見受けられます。
織物の産地でよくありがちなのが縫製や仕立てを外注してしまって、せっかくの良い生地なのにありきたりな洋服や婦人服をベースとした形となっているものが目につきます。産地を巡っていると、この鞄の取っ手他所でも見たな、とか、変にメッキや安い合皮を使っていて台無しになっている商品をよく見ます。
宮古島での「縫製も自分たちで」との姿勢は良いことだと思います。

DSC_5763.jpg
DSC_5766.jpg

全体的に女性的な色彩が多いです。
たいがいこういう織物は男性がなかなか手に取らないもので、お土産品=女性向きとなるのは自然か。

DSC_5771.jpg

手績みの苧麻糸とラミー(機械紡績の麻)でどれだけ価格に差が出るかというと、手績み糸を使ったネクタイが30,000円に対し、ラミーのものは5,000円。見た目にはこだわる人には違いがわかるものの、ぱっと見では価格ほどの違いはありません。しかし、宮古上布の世界を知り、見る目を養った人からすればなんとか手績みのものが欲しくなるもの。手績みとラミーの違いは、手績みはふんわりとよれよれとした感じで、ラミーはぺたっとフラットな感じです。

DSC_5767.jpg

ちなみにここは宮古島市体験工芸村の売店です。ここでは織物を体験できるスペースとなっていて実際に織り手さんと話をすることができます。

DSC_5762.jpg
DSC_5769.jpg
DSC_5752.jpg

糸車、藁のようにみえるのは宮古上布の原料となる苧麻です。これを細く裂いて撚り合わせて糸にしていきます。
手織物の世界に触れたことがない人は、一つ一つの道具をみるだけでも楽しめるかもしれません。

ラミー糸を用いても宮古島では手織りが基本で、大量生産のものと比べれば高額になります。ラミーを用いれば宮古上布とは全くの別物。産地の伝統的な強みから外れ、現代的な地力がはっきりと表れる路線ですが、他所の産地と比べても平均以上の水準は保っているように思いました。

宮古上布とは全く違う感じに違和感を覚える人もいるかと思いますが、まずは産業が続いていかなくては宮古上布も滅んでしまうため、製品の手を広げていかなくてはなりません。まぁ手を広げるばっかりで販売力がおざなりになってしまうことはありますが。

同じ「麻」でも植物の種類の違い、紡績の方法でこんなにも違うんだ!と発見することも宮古島を訪れた際のチェックポイントかもしれません。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/04/12 14:42 ] 宮古上布 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。