shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石垣島でのひととき

DSC_5892.jpg

八重山地方の玄関口石垣島。
旅の日にちも残り僅かとなって石垣島は早々に発たなければなりませんでした。

ふと実家の母親に「今石垣島にいるよ」と連絡したところ、石垣島に知人がいることを聞き訪ねてみることにしました。「十五番地」というハム屋だという情報をたよりに石垣の街をレンタカーで走っていると、なにやらそれらしきお店を発見。

DSC_6636.jpg

日本最南のハム屋「十五番地」の平野さん夫婦。母親の知人で自分は初対面でしたが、それはそれは手厚く迎え入れて下さり、突然の訪問にも関わらずその日の晩ご飯、宿まで面倒みていただきました。ものすごくお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。

平野さんたちは愛知県から石垣島に移住してきました。平野さんたちが石垣にやってきたときも飲めや歌えやの大宴会だったそうです。「沖縄はそういう場所。自分たちがやってもらったように、今度は自分たちがもてなす番。」こうやって繋がっていく縁。しかと自分も受け取りました。

DSC_5991.jpg
DSC_5992.jpg

石垣島はそれほど長くはいられず、次の目的地、竹富島を目指します。といっても石垣島から竹富島は航行時間は10分程度。30分おきに毎日船が出ています。お世話になった平野さんと一旦わかれ、石垣→竹富島→与那国島のあとで再び会う約束をしました。

しばし石垣島とはおさらば。平野さんありがとう。
餞別にいただいた十五番地のソーセージを携えて、いざ竹富島に向かいます。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/05/03 03:34 ] 旅日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。