shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大館曲げわっぱ体験工房part1

今日は大館市にある大館曲げわっぱ体験工房に行きました。
ここでは3000円で丸弁当箱、2500円で7寸盆、2000円でパン皿がつくれます。

僕は丸弁当箱を選択。ちなみにこのサイズのものを買うと6000~8000円くらいすると思います。
体験というより、もの目当てでくるお客さんもいるそうです。お得ですもんね。

DSC_2162.jpg
こちらは伝統工芸士で現代の名工、佐々木悌治さんです。(右上の黒いのはカメラのストラップですm(__)m)
丁寧に曲げわっぱの構造、作り方を教えてくださりました。

体験は、あらかじめ丸く曲げられた杉材に、底をつけ、最後に磨く、という内容でした。
DSC_2154.jpg
底の接着に使うのは耐水性のウレタンボンド。乾くとなかなか取れないので注意!
ちなみに昔は米を練って作った糊、続飯(そくい)を使っていたそうです。

DSC_2156.jpg
これは底をつけた後、補強に輪っかとなる杉材を接着してる様子です。

DSC_2158.jpg
そして当て木をして槌でゴンゴン叩いてはめ込みます。
隙間ができないように慎重に確認しながら叩いていきます。

最後にはみ出した接着剤をウェスで丹念に拭き取り、やすりがけをしていきます。
ここの写真がないのは、やするのに必死になってしまい忘れてしまいました笑
ちなみに240番→320番とやすり、最後にタオルで磨いて終了となりました。

part2へ続く
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/05/17 23:04 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(2)
No title
寝袋役立ってるみたいでよかったです。
指についてるのもなかなかとれそうにないですねw
それがいいたかっただけです。
[ 2010/05/19 23:06 ] [ 編集 ]
Re: No title
> 寝袋役立ってるみたいでよかったです。
> 指についてるのもなかなかとれそうにないですねw
> それがいいたかっただけです。
寝袋は快適。

でも大きいのが難点
[ 2010/05/22 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。