shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旅の目的

僕が伝統産業を巡る旅に出るに至ったのは、日本固有のものづくりについてよく知り、
そしてデザインはそこにどう関わるべきかを自分なりに考えてみたかったからです。

伝統産業には各地で長年培われてきた、固有の技術、知恵、芸術性、人と自然の営みがあります。
こうした伝統をいかに継承していくかは僕たちの世代に課せられた問題です。

数ある伝統産業には衰退していくもの、今もなお活発なものと様々。
衰退していくものたちは、現代には価値のないものなのでしょうか。
いや、決してそんなことはないはずです。
ただ現代は物に溢れ、技術だけでは生き残ることはできず、
創造力を欠いた産業は衰退を余儀なくされてしまうのです。

伝統産業は、積み上げてきた伝統を継承しつつ、現代の生活に合うものを作らなければなりません。
その中で伝統を切り捨ててしまっては、先人たちの営みは無下になってしまう上、
とても平坦なものが出来上がってしまいます。
創造と破壊は常に隣り合わせで、時代に合った変容には慎重を期さねばなりません。

そこでデザインを学ぶ者として、今の時代、伝統産業のデザインを考える必要があると思いました。
前提として、売れることは何より、伝統をいかに継承していくかが求められます。
つまり、過去、現在、未来を考えるということです。

そのためには、各地の伝統産業を実際にまわり、中に入ってみないと何もわかりません。
それでもこの難題を解決できるとは確信できませんが、
これからの日本のものづくりを考える土台になればいいなと思ってます。

とはいえ旅は始まったばかり。まずは穏便に見守ってください笑
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/05/16 01:54 ] 旅の目的 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。