shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デザインについて

いやはや、デザインのカテゴリが0のまま放ったらかしにしてましたが、いい加減書かなきゃいけませんね。
というのも、今日では「デザイン」の言葉が持つ意味が広すぎて、デザインとはこうだ!と言うに忍びなくてなかなか書けずにいたのです。

とりあえず、恐縮ながらデザインに対して個人的な見解を述べますと、デザインとは、きれいなもの、便利なモノをつくることに限らず、あらゆるモノゴトに対して「こうあったらいいのに」を実現させることなのだと思います。
―と言ったところで、何も言い当てていませんよね。そんなこと誰だって考えてるじゃないか。と言われそうですが、それには僕も同意です。本来「デザイン」をすることは誰にでも与えられた権限なのだと思います。だから、今日の献立を考えることもデザイン。世界の問題の解決策を考えるのもデザイン。
それでも「デザイナー」と呼ばれるプロが存在するのは、誰もが思いつかないアイデアを出すのが得意であったり、取り扱う問題に対する責任が大きかったり、作家的な信念が魅力あるものであったり、そこにお金が発生するだけの価値があるとされているからでしょう。

実は、僕は「デザイン」という言葉をあまり使いたくありません。なぜなら、デザインという言葉の意味が広がりすぎて漠然としすぎていること、デザインデザインと連呼して、他人のデザインの権限を侵したくないからです。
ですからデザインという言葉にどうしても慎重になってしまいます。でも結局他に替わる言葉がなくてデザインと言ってしまいますが・・・。

デザイン、伝統産業、どちらも本当は使いたくない言葉なので、自分の考えを他人に伝えることが本当に難しいです。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/06/09 22:57 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。