shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伝統工芸士、九嶋郁夫さんに聞きましたpart3

コンポ 1 (0;00;41;27)

part3では天然杉から高齢級材に転換する中で、その影響についてお聞きしました。
Shoji:あと、天然秋田杉が平成24年度で供給がストップするじゃないですか。ここでもその影響は出るとは思いますが、何か対策はありますか?
九嶋さん:んー、まぁそれに代わる木もだんだん育って来てるし、いつかは対策をしなくてはいけないですけど、今のところは心配はしていないですね。あと造林杉は色が安定してるね。天然杉は黒ずんでるところがあったりするんだよ。あと今はお客さんも木目を気にするひとも少ないしね。特に今の若い人とかは。だから木目よりも色みでやっていけるかなって感じはあるかな。
Shoji:木目の粗さでいえば茶道具なんかは影響がでそうですが?
九嶋さん:いまだんだん木も育って来てるから、あんまり心配はしていないんですけど、ただ、茶道具って結構幅のある板を使うんだよ。
Shoji:ですとなかなか造林杉ですと径が足らなさそうですね。
九嶋さん:んだ。なかなか難しいんだよ。こういう状況だから、これからの時代は世の中も変わっていくと思うんだよ。
Shoji:やっぱり従来のままではなく、ちょっとずつ時代に合わせて変わっていくのも大事ですもんね。
九嶋さん:そうそう。技術もだんだん変わって来てるし、法律も変わって来てるよね。例えば、昔は続飯(ご飯を練った糊)じゃなきゃいけないってなってたけど、今では時代に合わせてウレタン接着剤を使っても伝統マークを貼ってもよいとされてるんだよ。
Shoji:法律もそうやってちょっとずつ変わって来てるんですね。


part4では僕が感じる大館の産地としての問題についてお聞きしました。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/06/13 17:20 ] 大館曲げわっぱ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。