shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和紙製造過程、打解、叩解

和紙の製造過程を追っています。

収穫蒸し皮剥ぎへぐり→煮熟※→晒し※→ちりとり→打解→叩解

※煮熟:アルカリ性薬品(苛性ソーダ、ソーダ灰、石灰など)を用いて原料を煮て不要な部分を溶かす工程
※晒し:煮熟で用いた薬品を水で洗浄し、流水または塩素系漂白剤などで漂白

と過程を経ることで、やっと和紙を漉くための「紙料」が出来上がります。

今回は打解と叩解について紹介します。

[タグ未指定]
[ 2010/12/23 12:24 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)

土佐清帳紙、尾崎茂製紙所③

DSC_4625.jpg
seichoshi02

尾崎家の紙づくりは原料を栽培するところから始まります。

急峻な高台の上に自宅兼工房を構え、素朴な風景の中で営まれる素朴な紙づくりからは、良質且つ、素直で自然体な紙が生まれます。

尾崎家では国の無形文化財に指定されている「土佐清帳紙」を代々製造しています。

いまもなお、書道、版画、文化財の補強などの分野から重宝されています。

[タグ未指定]
[ 2010/12/22 16:54 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)

土佐清帳紙、尾崎茂製紙所②

ozaki08.jpg

引き続き、尾崎茂製紙所に伺ったときの様子です。

2時間経ち、こしきから楮がとりだされます。

[タグ未指定]
[ 2010/12/22 16:09 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)

土佐清帳紙、尾崎茂製紙所①

DSC_4623.jpg
ozaki15.jpg

先日、高知県仁淀川町にあります「尾崎茂製紙所」へ見学に行ってきました。

尾崎茂製紙所では家族で昔ながらの製法を守り続け、楮、三椏を栽培し、薬品を使わず伝統的な和紙を製造しています。

伺った日には楮の蒸し剥ぎをしてらしたので、その様子とともに紹介していきます。

[タグ未指定]
[ 2010/12/22 15:40 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)

ちりとり作業。ただひたすら

??<??????

手漉きであれ、機械漉きであれ、楮から不純物を取り除くちりとり作業は手作業で行われています。

収穫した楮を蒸し皮を剥ぎへぐり、漉き手に渡った後も、煮熟(苛性ソーダ、ソーダ灰、石灰などで煮て、繊維から不要な部分を除去)、晒し(流水、もしくは塩素によって漂白、洗浄)そして、楮のちりとり作業が待ち受けます。

ちりとり作業では、ひたすら繊維ヤケとよばれる繊維が固くなったところ、ゴミなどを取り除いていきます。

[タグ未指定]
[ 2010/12/19 21:48 ] 土佐和紙 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。