shojiの伝統産業を巡る旅

名古屋の学生、shojiが各地の伝統産業を徘徊してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南部鉄器「田中鉉工房」①

DSC_39201.jpg
鉄瓶の取っ手は「鉉(つる)」と呼びます。

南部鉄器=鋳物と考えがちですが、「鉉」は鍛造でつくられます。
当然、用いる技術が異なるため、鉄瓶は本体をつくる釜師と、鉉をつくる鉉職人によって作り出されます。

鉉を専門でつくる職人は全国でも数名と希少な存在。
ここ盛岡では鉉を製造するのは「田中鉉工房」のみです。

DSC_4143.jpg
こちらが鉉職人、田中二三男さん。
この方がいなかったら南部鉄器は成立しないという超重要人物です。

そんな田中二三男さんにお話を伺ってきました。

[タグ未指定]
[ 2010/11/03 03:30 ] 南部鉄器 | TB(0) | CM(0)

南部鉄器×中国

南部鉄器をネットで調べていると中国の話題がしばし見受けられます。
おもに、「南部鉄器の商標登録」「南部鉄器が中国市場に進出か?」という話題が挙げられています。

「南部鉄器の商標登録」については、中国の個人が南部鉄器を商標登録しているという問題。それで本場の南部鉄器がその名称を使えないという事態になっています。ありゃまぁ。

「南部鉄器が中国市場に進出か?」という話題に対して、南部鉄器協同組合の方にちらっとお話を伺いました。


[タグ未指定]
[ 2010/10/31 02:59 ] 南部鉄器 | TB(0) | CM(3)

南部鉄器、盛岡、水沢

南部鉄器の産地は2つに分かれています。

県中央の盛岡、県南部の水沢とそれぞれルーツの異なる産地の鋳物を総称して「南部鉄器」と呼びます。もちろんそれぞれに組合が存在します。

盛岡の南部鉄器の発祥は、400年ほど前、当時の南部藩主が京都から釜師を呼び、お茶道具を作らせたのが始まり。

水沢の南部鉄器の発祥は古く、平安後期、今から900年ほど前に遡ります。近江国(現・滋賀県)から鋳物師を呼び、鉄器を作らせたのが始まりです。

[タグ未指定]
[ 2010/10/31 00:28 ] 南部鉄器 | TB(0) | CM(0)

南部鉄器といえども

DSC_3934.jpg

南部鉄器といっても鉄瓶から鉄鍋、風鈴まで。伝統的な焼き型、現代的で量産向きな生型と工法も異なります。
産地に育まれた鉄のノウハウによって幅広い商品がつくられています。

[タグ未指定]
[ 2010/10/30 22:43 ] 南部鉄器 | TB(0) | CM(0)

南部鉄器「藤枝工房」

コンポ 1 (0;00;07;18) のコピー

手作り村のちょっと奥まったところにある南部鉄器「藤枝工房」。

工房の販売スペースには藤枝由男さんが控え、お客さんに丁寧に鉄器の説明をしています。

コンポ 1 (0;00;08;16) のコピー

こちらが藤枝由男さん。
たびたび工房に立ち寄ると、立ち話で気軽に些細な質問にも答えてくださり、大変よい勉強になりました。

[タグ未指定]
[ 2010/10/30 18:12 ] 南部鉄器 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

shoji

Author:shoji
名古屋の学生です。
今年度は日本の伝統産業を巡る旅に出てます。
旅先で見たこと体験したことを日々綴っていきます。

※すでに旅は終了しています。

mail:cus-show at hotmail.co.jp



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。